重要な職務執行者

合同会社の設立で重要な職務執行者


同会社の設立は短時間で可能になり、その必要となる工程も簡単で、幾つかの点を把握しておけば個人でも合同会社を設立する事が出来ます。この合同会社設立の際には、用意する書類も手間がかからないものが多く、事前に検討しておくべき項目も少なくなります。また、株主構成などにも配慮が必要ないために、多くの手間を省いて会社が設立できるのです。

そのため、合同会社の設立は、スムーズに行えば数日間で全て終えることができます。その結果、会社設立の申請が一週間程度で処理されるので、この後は会社が法的に設立できるのです。
この事業形態は欧米と比べると、その件数は低いのは現状です。しかしながら、会社の設立費用が安く、運営費用が安いというコスト面は大変優れており、利益分配の自由度も高いので、小規模のビジネスには理想的な形態となっているのです。

また、この事業形態は資金調達に幾つかの方法が活用できますので、社債などを発行することで、容易に資金を調達することが可能になります。

そして、この合同会社の設立では、代表となる職務執行者の選任が重要なポイントとなります。この合同会社という事業形態は、経営の自由度が高く、出資者が業務を執行する責任者となります。この職務執行者は事業に関する意思決定ができ、他の事業を推進する方と一緒に効率良く会社を運営することができるようなシステムとなっているのです。

そのため、株式会社では、他の役員が違う意見を持つことで、事業の運営が円滑に行われないこともありますが、この事業形態では株主総会なども必要ないため、事業の意思決定がスムーズに進み、より生産的な経営を行えるようになっているのです。

この責任者を決める仕組みは、決定書の作成が必要で、合同会社の代表社員を定めることが必要となっています。定款により業務執行社員の中から代表社員を決める場合は、この代表者となる社員を証明する書面を作成する事が必要になります。この時、定款に代表となる社員を具体的に記載している場合は、この決定書の作成は不要になるのです。

また、合同会社の設立の際に、資本金について定款に記載がない場合は、公的な機関へ申請するまでに業務執行社員の過半数をもって、この項目を決定する必要があります。

そして、この責任者の選任に関する書面は承諾書の制作が必要で、合同会社を代表する社員が法人であるときは、新たに選任しなければなりません。この責任者を選任したときは、これを証する書面と承諾書の作成が必要になります。

Copyright© 2014 合同会社設立を良い方向へ導く様々な要素を学んでおきましょうAll Rights Reserved.