役員報酬に必要な同意書

合同会社の役員報酬に必要な同意書


合同会社を設立したときの利益についてですが、役員報酬として受け取ることが多いです。その理由は、軽費として扱う事ができるからです。
特別な手続きが必要となる場合もありますし、不当に高い金額の場合には認められないこともありますから注意しなければなりませんが、経費として認められるかどうかは大きな問題だと言えるでしょう。

合同会社で役員報酬を変更するためには、社員の過半数の同意が必要となります。株式会社の場合には株主総会か取締役会で決定することが必要となるのですが、合同会社などの持分会社では社員の過半数の同意で決定できます。この同意が得られたことを証明するために、決定書や同意書の作成をする事が必要となります。

金額を定款で定めている場合には、同意書などの作成だけではなくて、定款の変更が必要となります。定款を変更するためには費用もかかりますし時間もかかりますから、定款で定めるのは得策ではありません。

合同会社の内部での手続きとともに、外部へ対する手続きが必要となる事もあります。書類の提出などは必要ではなくても、書類を保存しておくことが必要となる事もあります。低軌道学給与の場合には、税務署へ届け出ることは必要ありませんが、議事録などを保存しておかないと経費として認められないこともあります。その場合には損金算入が避妊されますから、経営としては不利でしょう。

事前確定届出給与の場合には、事前に税務署に届け出ることが必要とされます。事前に届け出ておくことによって経費として認められます。つまり、これは事前に届出しておかないと損金算入ができないことを意味します。手続きを忘れてしまわないようにしましょう。

利益連動給与とは、利益に関する指標として算出されるものを指します。利益が大きければ報酬も多いというようにすれば、経営にも力が入るでしょう。この場合には、利益が変われば給与も変わるのですが、変わる度に届出や手続きはしなくて良いというメリットがあります。
ただし、利益連動級よとして損金算入をするためにはいくつかの要件がありますから、これらの要件をクリアすることは必要となります。

合同会社で役員報酬を出す際には、手続きとしてはいろいろなものがあるのですが、とにかく損金算入できるのかどうかを特に気にしておく必要があるでしょう。出ていったキャッシュを経費として認められないのなら、税制面で不利ですから、この点についてよく把握しておかなければなりません。

Copyright© 2014 合同会社設立を良い方向へ導く様々な要素を学んでおきましょうAll Rights Reserved.